ダーマペンの施術工程

細かな針の刺激で皮膚の活性化を目指すダーマペンとは?

ダーマペンは、皮膚に小さな穴を空けることにより、肌の再生を目指す治療法です。ニキビの跡に悩んでいる方や、小じわで悩んでいる方も、ダーマペンによる施術で改善することが可能です。細かな針を電動ピストンで動かしながら、肌の表面に微小な穴を空けることにより、肌のコラーゲンの増殖を施し、傷んだ肌の再生を目指していきます。ダーマペンによる施術は複数回に亘って行います。肌の治癒のスピードにより、施術を行う回数には差がありますが、5回程度は施術を行うことを考えておく必要があります。

ニキビ跡がケロイド状になってしまい、1人で悩んでいる方は意外と多いものです。メスやレーザーを使った施術により、肌の再生を試みるよりも、肌のダメージは少なく、敏感肌の方でも安心して受けられる点が魅力です。切開を伴うこともありませんので、施術跡の治癒も早く、スピーディな施術が可能です。針を指すといっても、振動による刺激ですから、傷みを感じることはありません。適度な刺激による施術で、傷んだ肌の改善と若返りを実現することが可能になるのです。メスを伴う施術では治療が難しい、目元や小鼻まわりなども、ダーマペンであれば無理なく施術を行うことができるのです。

ダーマペンにはデメリットはないのか?

微細な針を肌に刺すことにより、肌の再生を目指すのがダーマペンによる治療ですが、デメリットも少なからずあるのが事実です。細かい針による刺激ではありますが、全く傷みを伴わないわけではありません。施術中には表面麻酔を施しますが、麻酔アレルギーのある方、敏感肌の方の場合には、施術跡に赤みが出てしまうこともあります。施術を行った後に、傷みを感じた際には、適切な対処が必要です。少しでも肌に異変を感じた場合には、すぐに医師へ相談することが必要です。 針を入れる深さによっては、施術時に出血を伴う可能性もあります。少量ではありますが、出血に過敏な方だと、気分を害してしまう可能性もあります。施術に際し、針が斜めに刺さってしまうと、ダウンタイムが長引いてしまい、腫れが残ってしまうこともあります。ダーマペンを利用する際には、クリニックでの肌質チェックを受けることが大切です。ダーマペンの施術を行うクリニックでは、医師によるカウンセリングと問診票への記載により、施術に際して問題が起きないかを詳細に調べていきます。クリニックを選ぶ際には、施術料金の面だけではなく、利用者の評判や口コミを参考にしながら選ぶことが大切です。

© Copyright Best Skin Routine. All Rights Reserved.